バイトをして副収入を得るのは、今ではサラリーマンだけでなく、主婦や学生もバイトに精を出しています。ただ副収入を得られるといっても、何千円では足りないですね。やっぱり毎月何万円かは欲しいですね。

注意するべきことは副収入のアルバイトをして、本業に差し障りのないようにしないと問題です。どこかに勤めに行くバイトだと、目立つますし、副業は禁止されている場合もあります。その点を、在宅でする内職は、密かにできるし、通勤時間も要らないのがメリットですが、反面収入が少なくて、嘆く人が多いです。

昔はシール貼りが安全で誰でもできる内職としてポピュラーでしたが、収入が少なくて人気は今ではあまりなく、やはり収入が高い仕事がいろいろあって内職として魅力が見えます。しかし、中にはお金を稼げるのではなくて、反対に入会金、準備金、訓練費などとお金がかかる詐欺、あるいは詐欺まがいの内職もあります。それらを、よく調べて、本当にお金を稼げるかを確かめましょう。

ところで、会社員で副業は禁止になっている場合はどうしたらよいのでしょうか?実は、ただ副業は禁止とされていても、実際の運用はさまざまです。株やFXなどの投資でお金を稼ぐことや、不動産投資などは禁止されていません。ただ、業務中にそれをするのが問題なのです。ではネットでアフィリエイトなどはどうでしょうか?実際に、それをやっていることを会社に知られなければ、問題にはなりません。ポイントは、確定申告をする際に、会社に知られないようにする必要がある場合があります。

一番副業について厳しいのは公務員やみなし公務員ではないでしょうか。はっきり副業禁止が言われていますが、何故禁止なのでしょうか。そしてどこまでが禁止なのでしょうか。

ちなみに、高校生も学校でアルバイトを禁止してことがあります。でも高校生でバイト副収入を経験していない人はどれだけいるでしょうか?

これらの、副業やアルバイトについてや、副業・副収入を禁止されているかどうか、などについて書きましたサイトですから、興味がある方は参考にしてください。


カテゴリー

内職
内職といえば昔はシール貼りなど、安全だけど地味で給料はごくわずかでしたが、この頃の内職は在宅ワークと言われて、かなり収入が高い仕事もあります。反面詐欺まがいの内職もありますから、よく研究しましょう。
副業
副業は副収入を得られますから、生活が楽になるし、貯金も増やせるかもしれません。ただし公務員だけでなく、一般企業の会社員でも副業は禁止になっていることもあります。どこまでが禁止されているをよく知っておきましょう。
公務員
公務員やみなし公務員がバイトをやって副収入を得ようとすると、副業禁止が立ちはだかってきます。どうして公務員はだめなのでしょうか。本当に駄目なのでしょうか?
高校生
高校生でバイト副収入を経験していない人は少ないと思います。どんなアルバイトが良いと思いますか?
アルバイト
アルバイト全般について話しました。